パソコン購入相談やってます♪

4月9日になりウィンドウズXPのサポートが終了しました。これまで長く使ってきたOSですし、まだまだ元気に使えるパソコンなのでちょっともったいない気もします。通常10年のサポート期間も12年半まで延長され続けてきました。それだけ多くのユーザーに利用されてきたOSということですね。

xp

Windows7を買うべきかWindows8を買うべきか悩んでいます、という相談をよく受けます。
記事を書いている現時点での平成26年3月発表のシェアは、

  • win7 : 約49%
  • win8+win8.1 : 約10%
  • win XP : 約28%

と、Windows7が約5割という状況で、まだまだWindows8の導入は低調のようです。原因としては、これまでのウィンドウズの操作方法を大きく変え、タブレットなどでも使いやすいように改良したのが裏目に出てしまったんでしょうね。XPの後継機種のVistaもグラフィックに力を入れすぎて、通常時の動作が重く、XPを使った方がいいということで切り替えはあまり進みませんでした。その後7が登場し、動作も安定していて評判もそこそこ良く、切り替えを検討していたユーザーが7に流れ現在に至るというかんじでしょうか。

winxp2604

一番新しいOSでサポート期間が長いから8を買う、という選択肢もあるかもしれませんが、ユーザーからの評判が良くなかったOSは短命に終わり、その次に出たOSが市場で定着していく、と言うこともこれまで何度かありました。

現在市場で多く使われているパソコンはWindows7ですので、それを考慮したうえで購入する方が良いと思います。当教室では、パソコンを購入したいが、性能や価格、必要なソフトなどがわからないので、どれを買ったらいいかわからないという方にパソコン購入相談を行っています。買い替えを検討しているが、なにをどうしたらよいかわからない方、おまかせ下さい。

わかるパソコン教室
問い合わせ:0987-27-3572

広告