飫肥杉 白 黒 赤

前回に引き続き飫肥杉というワードが盛りだくさんですが、今回は焼酎です。今回かわいらしい飫肥杉をいただきました。100mlサイズで、普通の飫肥杉25度、黒飫肥杉25度、赤飫肥杉の25度と20度。丁度コップ一杯分で飲み比べが楽しそうです。 20140522_211344 飫肥杉も20度と25度があり種類もあるので色んな味が楽しめます。I さんありがとうございました、味わっていただきます!みなさんはどの飫肥杉が好み?

広告

飫肥城観光

前回からの続きです。コケ玉作りを終了し、せっかくなので、飫肥観光をしました。あいにくの雨で人はまばら。向こうに見えるのは大手門、雰囲気がある通りです。 20140604_152258 ここから右に行くと小村寿太郎記念館があります。今回は入らなかったので気分だけ。 20140604_152523 ここから~。 20140604_152530 ここまで登ります。 20140604_152558 そしてちょっと行くと、小村寿太郎生家。はじめて行きました。こどもの頃はあんまり考えたことありませんでしたが、経歴や功績を見ると相当すごい方です。 小村寿太郎侯 経歴


■飫肥のこの家で生まれる

■大学南校(東京大学の前身)入学

■ハーバード大学へ留学

■帰国後司法省

■大審院判事(現在でいう最高裁判所)

■外務省

■清国代理公使

■駐韓弁理公使

■外務次官

■駐米公使

■駐露公使

■外務大臣就任

■ポーツマス会議日本全権としてロシア側とポーツマス条約調印


間違いや抜けがあるかもしれませんが、すごいです。 20140604_152725 小村さん、庭にオビータ君いますよ。 20140604_152756 そしてオビダラリーを通過して大手門へ。 20140604_144838 やっぱり城はいいです。 20140604_153049 重厚。 20140604_153057 飫肥城。城は格好いいですね~。 20140604_153119 ぐいっと登ります。 20140604_153157 広い。 20140604_153253 ここは実際に目にしてる感じは相当雰囲気あったんですが、写真ではあまり伝わらないですね。 20140604_153415 そしていざお城へ!と行きたいところですが、現在はないので残念です。復元するにも莫大な費用がかかるでしょうし、そんな簡単にできることじゃないですね。熊本城の一口城主みたいな制度で寄付金を集めて復元とかできたらいいんじゃないでしょうか?ん~想像でざっと20億円かかるとして、一口1万円の寄付で割ると20万人・・・(ToT)/~~~。なかなか現実的な数字じゃないですね。なんにせよ、飫肥の城下町から飫肥城跡まで小京都と言われるのもうなずけます。たまには地元の観光もいいんじゃないでしょうか?

こけだまづくり!

6月初めに服部植物研究所とオビダラリーのコラボで苔玉作りワークショップが開かれました!今回ははじめての苔玉作りのレポートと飫肥観光をあげていきたいと思います。オビダラリーは「飫肥杉で作成した家具、小物等の展示」を行っているギャラリーです。

20140604_124413   場所は飫肥城の大手門からすぐの場所にあります。

20140604_125934   中に入る前から杉がたくさんあり城下町の雰囲気とマッチしてます!

20140604_125928 飫肥杉ダラケなギャラリー。

20140604_125907 ギャラリーの中に入ると、ドーンとでっかい球状のインテリアが!何かと思い聞いてみると、杉の葉を球状にしたものとのこと。初めは緑の葉っぱが、最終的に枯れてこの色になるんだとか。杉玉とか酒林と言うみたいで日本酒などの酒蔵の軒先に吊るしておいて、お酒ができた事を知らせるものだったみたいです。そしてだんだん枯れて茶色に変わってきますので、それでお酒の熟成具合がわかったとのこと。なるほど~、よく考えられてます。元々はお酒の神様に感謝を捧げる物だったみたいですが、それがお酒のできあがりの合図になり、現代まで残っているわけですね、昔の人の知恵はすごいです。そして現代ではインテリアとしても格好いいです!

20140604_144049 グッドデザイン賞!

20140604_142749 飫肥杉のランプシェード。飫肥杉のやわらかい光、いいです!ほしいです!

20140604_142712 飫肥杉の干支ピンバッジから、お酒の箱まで。飫肥杉の箱に焼酎の飫肥杉!

20140604_130011 さてそれでは苔玉のほうを、皆さんもうすでに作業スタートしてます、早いな。

20140604_130023 まず、この中から植える物を選びます。

20140604_125310 そして作り方の説明を聞き、実際に作り始めます。

20140604_130425 ケト土という土を丸めます。なんだかこどもの頃に作った泥団子を思い出しました、懐かしい。そして、シート状になったコケを巻きつけます。手が泥だらけだったのでピントぶれてます。

20140604_131009 そして最後に糸で巻き巻きします。

20140604_133933 そして完成。やー、かわいいじゃないですか、我ながらうまいんじゃない?と思ってみたりしました。下の台座は飫肥杉でできており、これもまた味があっていい!教室のオブジェとして早速飾られることになりました。

20140604_161558 そして最後にcafe Teteさんのカップケーキをいただいて体験は終了しました。このケーキもコケっぽく作られたとのこと。色んな味がしてすごくおいしかったです。ケーキの下のコケスタンプもまたかわいらしい。

20140604_140612   ということで、コケ玉作り体験は無事楽しく終了しました。飫肥城周辺も回ったのですが、ちょっとながくなったので、また次回に更新したいと思います。服部植物研究、オビダラリーの方々、ありがとうございました。

XPもまだまだ使えますよー!

Windows XPをネットに接続せず完全に独立させてパソコンの練習用にしたいが、動作が遅すぎて使えないのでなんとかしてほしいというご依頼をいただきました。早速、起動して確認してみるといつまでたっても操作できないくらい重い。電源ボタンを押してからスムーズに操作できるまで約20分かかりました。さすがにこれは厳しいですね(*_*)

タスクマネージャーで確認してみるとパソコンに搭載されているメモリを遥かにオーバーしてます。右上の「物理メモリ(KB)」の合計の数字が使えるメモリの量で、パソコンに搭載されているメモリです。そして、左下の「コミットチャージ(KB)」の合計が現在使用しているメモリの量です(※XPの場合)。よく見てみると搭載されているパソコンの物理メモリ量以上にプログラムがメモリを使用しています。搭載されているメモリの量を超えるとスワップアウト(※単にスワップとも)が起き、パソコンの動作が極端に遅くなります。

deflag_171447

本来は初期化するのが手っ取り早いですし、一番快適に操作できる環境になるんでしょうけど、今回は理由もあり別の方法で作業しました。

deflag_202823

やはりでてきました「日本hao123」。これも「Baidu IME」と同じように中国ソフトで、自分が入力して変換したものを中国に送るようなあまりよろしくないソフトです。こういった類のソフトがいつはいるかというと、無料のソフトをインストールする時に一緒にひっついてきます。ですが、インストール時に「一緒にインストールする」という項目がほぼありますので、そのチェックを外せば入らないことがほとんどです。なのできちんと注意してチェックを外すようにしましょう。

deflag_180803

全ての作業が終わり、メモリの使用状況を確認してみると200MBちょっと。さすがXP、軽いです。200MB/512MBならまだ使えるでしょう。起動時間も2分かからず使えるようになったので問題なし。起動時間が20分→2分になったことで驚かれていました。これから練習用として復活させることができてよかったよかった。さらに喜んでいただけてよかった。頑張るんだXP!!