こけだまづくり!

6月初めに服部植物研究所とオビダラリーのコラボで苔玉作りワークショップが開かれました!今回ははじめての苔玉作りのレポートと飫肥観光をあげていきたいと思います。オビダラリーは「飫肥杉で作成した家具、小物等の展示」を行っているギャラリーです。

20140604_124413   場所は飫肥城の大手門からすぐの場所にあります。

20140604_125934   中に入る前から杉がたくさんあり城下町の雰囲気とマッチしてます!

20140604_125928 飫肥杉ダラケなギャラリー。

20140604_125907 ギャラリーの中に入ると、ドーンとでっかい球状のインテリアが!何かと思い聞いてみると、杉の葉を球状にしたものとのこと。初めは緑の葉っぱが、最終的に枯れてこの色になるんだとか。杉玉とか酒林と言うみたいで日本酒などの酒蔵の軒先に吊るしておいて、お酒ができた事を知らせるものだったみたいです。そしてだんだん枯れて茶色に変わってきますので、それでお酒の熟成具合がわかったとのこと。なるほど~、よく考えられてます。元々はお酒の神様に感謝を捧げる物だったみたいですが、それがお酒のできあがりの合図になり、現代まで残っているわけですね、昔の人の知恵はすごいです。そして現代ではインテリアとしても格好いいです!

20140604_144049 グッドデザイン賞!

20140604_142749 飫肥杉のランプシェード。飫肥杉のやわらかい光、いいです!ほしいです!

20140604_142712 飫肥杉の干支ピンバッジから、お酒の箱まで。飫肥杉の箱に焼酎の飫肥杉!

20140604_130011 さてそれでは苔玉のほうを、皆さんもうすでに作業スタートしてます、早いな。

20140604_130023 まず、この中から植える物を選びます。

20140604_125310 そして作り方の説明を聞き、実際に作り始めます。

20140604_130425 ケト土という土を丸めます。なんだかこどもの頃に作った泥団子を思い出しました、懐かしい。そして、シート状になったコケを巻きつけます。手が泥だらけだったのでピントぶれてます。

20140604_131009 そして最後に糸で巻き巻きします。

20140604_133933 そして完成。やー、かわいいじゃないですか、我ながらうまいんじゃない?と思ってみたりしました。下の台座は飫肥杉でできており、これもまた味があっていい!教室のオブジェとして早速飾られることになりました。

20140604_161558 そして最後にcafe Teteさんのカップケーキをいただいて体験は終了しました。このケーキもコケっぽく作られたとのこと。色んな味がしてすごくおいしかったです。ケーキの下のコケスタンプもまたかわいらしい。

20140604_140612   ということで、コケ玉作り体験は無事楽しく終了しました。飫肥城周辺も回ったのですが、ちょっとながくなったので、また次回に更新したいと思います。服部植物研究、オビダラリーの方々、ありがとうございました。