windows 不正コピー

予備として置いていた中古PCを一時的に使うため引っ張り出してきました。そしたらこんなメッセージが。

  • 「ソフトウェアが偽造品である可能性があります。」

なんだってー、どういうことだと思い確認してみると、ただ単にライセンス認証するのを忘れてました(+_+)

20140523_120158

画面の右下にこんなメッセージがでるパソコンを見た事ありませんか?そのパソコンは偽造品や海賊版の可能性があります。

20140523_120212

今回は不正コピーなどではなく、ただ単にアクティベートするのを忘れていただけというミスでした。Windows XPの時代はちらほら右下に「このWindowsのコピーは正規品ではありません」のメッセージがでているPCを見かけていたような気がします。海賊版や個人間で不正にコピーしてソフトを使う方がいますが、やめましょう。悪意なくコピーしているような方には、やめるようアドバイスしましょう。特にOSなどは正規品でない以上アップデートもできず、セキュリティ上非常に危険な状態になりますし、海賊版などの購入は悪い人に加担していることになります。

最近の例をあげると、わかるパソコン教室ではWindows8を一台増やしました。正規のWindows8 64bit DSP版を大手家電量販店で12000円程度で購入しました(DSP版というのは昔のパッケージ版のようなもので、パソコン本体を買うのではなく、Windowsだけ買うというかんじ)。7月31日現在、マイクロソフトストアでの正規価格は14,904円です。その時に、amazonなどでも検索して値段をみましたが、2,980円や3,980円と言ったような正規価格の半値以下の怪しい商品がゴロゴロありました。レビューを見ると、『初めは認証できましたが、できなくなりました』や『オフィシャルから違反商品と言われました』などなど怪しいコメントが満載。こういった商品は、シリアルキーだけメールで発送しますとか、正規品です!っていうのをすごくアピールしています。ヤフーショッピング、楽天、amazon、どれも超大手で安心して買い物できますが、それでも落とし穴がある場合があるので、注意が必要です。市場価格より、あまりにも安すぎる場合は、安いなりの理由があるとお考えください。

広告