グーグル翻訳セミナー

日南商工会議所、宮崎県南観光ネットワーク推進協議会主催のグーグル翻訳セミナーに講師として行って参りました!スペシャルゲストで日南市国際交流員の スタイン マイケルさんもお呼びして、ネイティブな英語でゲスト役をやっていただきました。

honyaku1

グーグル翻訳はiPhone、androidのスマホを使っている方であれば、無料で使う事が出来ます。スマホにしゃべりかけると、翻訳してくれます。

honyaku2

英語全然だめな私もある程度コミュニケーションがとれます。

honyaku3

参加者の方の肖像権に配慮し、モザイクいれてます(ToT)/~~~

honyaku4

マイケルさんには各グループを回っていただき、完全に日本語がわからない外国人観光客役をやっていただきました。参加者の方も、大盛り上がりです、さすがマイケルさん♪

honyaku5

グーグル翻訳セミナーの後半は、無料Wi-Fiスポットの説明もしました。

外国人観光客の方は無料のWi-Fiスポットが無い事で、結構困ってるようです。特に日南はまだまだ利用できるエリアが少ないです。無料Wi-Fiスポットとして開放することによるメリットは、Wi-Fiを目当てにお客さんが来たり、お店に長居することにより、客単価があがるなど様々な効果があると思います。業種によって違いはあると思いますが、設置することにより、メリットは多いと思います。

デメリットは、不特定多数の人が接続するので、不正にネットワークに侵入され、個人情報やカード情報などを抜き取られたりする危険性がでてきます。さらに、ネット上に爆破予告や危害を加えるような書き込みをしたりすると、アクセス元の回線がまず疑われます。そのような事を防ぐために最低限の対策はとらないといけません。

家庭用のルーターを使いゲストポートなどの機能を使い、ネットワークを分離してお客さんに提供するという方法もありますが、いざ不正なアクセスがあったりした場合の、容疑者の特定は非常に困難になります。

FREESPOT対応のルーターは、まずはじめに、メール認証を行い、利用している機器のMACアドレスをFREESPOT協議会のサーバーにアクセスログを保存します。誰が接続したか、ある程度わかるということです。これで万全のセキュリティ対策がとれるわけではありませんが、現時点では対策が取られている方だと思います。万が一、裁判所や警察などの問い合わせの場合もFREESPOT協議会のコールセンターで対応してもらうことができます。

サイバー犯罪は日々増え続け、どんどん手口も巧妙になってきています。みなさんも最低限のセキュリティ対策はとるようにしましょう!

【わかるパソコン教室は、株式会社バッファローが主幹事となって作られた、FREESPOT協議会の登録の拡大サポーターです。設置のご依頼も承っております】

広告